美容オイル不要!本当の乾燥肌改善の濃い~話

美容オイルで乾燥肌は改善されるのか?

答えは…

大半の人は美容オイルで乾燥肌は改善されない

というのが真実。

なぜ美容オイルで乾燥肌が改善されないのか?

なぜなのか?

それは、オイル自体に保湿効果がないからです。

しかし、皮脂(オイル)がないと肌は乾燥します。

なんだか矛盾を言っているようですが、これを理解している人は乾燥肌なんてなりません。

ちょっと難しいかもしれませんが、暇な時にでも以下全てを読むと、今のスキンケア方法、保湿化粧品を買い換えたくなること間違いないでしょう。

オイルに保湿効果があるのでは?

肌に美容オイルを塗る目的の大半は乾燥を防ぐためのはずでは?

一応エイジングケアの効果を狙っているものもありますが、ほぼ幻想です。

まず皮脂(オイル)に保湿効果がないという理由ですね。

一番分かりやすいのが皮脂過剰分泌の人。女性だとインナードライの人です。

この人達は常に肌が皮脂(オイル)でいっぱいです。でも、肌水分量は低くて乾燥しています。

これだけでもう証明されているのではないでしょうか。いくら皮脂(オイル)が肌にあっても、肌水分量は増えないということに。つまり保湿効果はありません。

オイルはフタをして水分蒸発を防ぐのでは?

オイルはフタをして水分蒸発を防いでくれるのでは?

と今まで見てきた人は多いでしょうが、あれはそう言うことで油分の重要性を説明しているだけで、実際はほとんどその効果はありません。

肌の上にある皮脂膜は非常に薄く、完全に肌を覆っているわけではありません。部分部分、水分の通り抜ける場所ができるため、そこから水分が蒸発します。

逆にワセリンは皮脂と違いべっとりと硬いため、しっかり塗れば物理的に水分蒸発を強力にカットします。ワセリンが乾燥肌に効くと言われるのはこのためです。

でも皮脂(オイル)不足は乾燥肌になってしまう理由とは?

しかし、皮脂(オイル)がないと乾燥肌になる…それはなぜ?

そもそも皮脂の役割は何か?

これは、

  • 肌を刺激から守る
  • 肌の常在菌の餌となる

の2つが主です。

皮脂は肌の表面に膜を張りますが、これがあるとないとでは、裸でいるか服を着ているかくらい違いがあります。皮脂(オイル)が肌に十分あることで、紫外線やホコリ、花粉といった様々な刺激から肌を守ることができます。

肌に刺激が通ると炎症が起き、肌細胞の生まれ変わりが阻害されます。その結果、十分な保湿成分が作られなくなり、肌は乾燥してしまいます。

そして重要なのが肌の常在菌。

肌には様々な菌が住み着いていますが、その中で善玉菌とされる菌は、皮脂を餌として食べ、排出物としてグリセリンや脂肪酸を肌に残します。

つまり、天然の保湿クリームを作ってくれるわけです。だから皮脂(オイル)が肌に不足していると十分な天然保湿クリームが作られず、肌が乾燥してしまうことになります。

また、餌不足(皮脂不足)で善玉菌の活動が鈍ると、肌荒れを起こす黄色ブドウ球菌が繁殖し、肌細胞を壊してガサガサの乾燥肌にしてしまいます。

以上のように、皮脂(オイル)というのは、直接的に乾燥肌を治す効果はないものの、やはりなくてはならないということです。

では美容オイルは乾燥肌に不要なものなのか?

では、結局美容オイルは乾燥肌に必要なのかどうか?

明らかに皮脂不足な人は使うといい結果になるでしょう。

日中でもあぶらとり紙でほとんど皮脂が取れないようなら美容オイルで乾燥肌が緩和される可能性はあります。適切な皮脂量になることで、常在菌の活動が活発になり、肌細胞の生まれ変わりが順調になるからです。

素肌のときにすごくピリピリ、チクチク刺激を感じる人も皮脂不足のことが多いですね。こんな人も美容オイルがいいでしょう。

しかし、皮脂が明らかに欠如しているというわけじゃない場合、美容オイルは使っても無駄。もしくは逆効果になります。

美容オイルを使うとシワが増えてきたという理由とは?

美容オイルが逆効果になる?

まずニキビがある人。だけど乾燥肌という人はすなわちインナードライです。

これ以上皮脂を増やしても意味がないですし、皮脂が多すぎると毛穴が詰まり空気に触れなくなります。すると、本来は善玉菌であるアクネ菌が炎症タンパクを作って毛穴を炎症させニキビになります。

また、無駄なオイル付着は過酸化脂質を作ることになり有害。過酸化脂質はシワ、たるみの大きな原因となるため、自前の皮脂で足りているのに美容オイルを使うと、逆アンチエイジングになります。

美容オイルを使っているとシワが増えてきました…という人が当てはまります。

美容オイルを塗ると乾燥症状が緩和されるから効果ありなのでは?

でも美容オイルを塗ると明らかに乾燥を感じなくなるよ?

これは、一時的に分厚いオイル膜が肌にできるため、肌表面が外気と触れる面積が減ったからです。

大気もまた刺激物だからです。普通は刺激になりませんが、特に湿度の低い乾いた空気は刺激となります。

乾燥を強く感じるのは、洗顔後や風呂あがりのときだと思いますが、なぜかというと、皮脂膜が取れているからです。だから、美容オイルで保湿すると乾燥を感じにくくなります。なっているだけで、乾燥は何も改善されていません。

インナードライの人が洗顔後に強烈に乾燥を感じるのはこのためです。

美容オイルにシワやたるみ、くすみ改善効果もほぼ期待できない

美容オイルの中にはエイジングケア効果があるとされるものもありますが、それは間違いじゃないものの効果はほぼないと言えます。

確かにそういった有効な成分が含まれているオイルはありますが、それが届くべき部分に浸透しないと意味がありません。

そして肌にオイルを塗ったからといってその成分が届くべき場所まで浸透することはほぼありえません。なので美容オイルには間接的な保湿効果、肌保護機能以外に、いわゆる美容効果というのは期待できません。

美容オイルを使ったほうがいい人はいない?

美容オイルが不必要な人ってどれくらい?

まず、保湿する場合において油分が一切不要というわけではありません。インナードライの改善においても油分性は必要です。

ただ量の問題。

保湿化粧品を使うなら、必ずその製品に油分が含まれています。それで十分なんです。あえて美容オイルを足す必要はなく、無駄か逆効果になるというわけ。

なので、ほとんどの人はわざわざ美容オイルなんて使わなくてO.K.です。

だったらどんな人が必要かというと、

  • 主に40代以降の女性(この時期からかなり皮脂分泌量が落ちる)
  • 油分を含まない化粧品でケアしている
  • 体質、ホルモンバランスのせいで皮脂分泌量が明らかに少なすぎる

といった人たち。

こういった人たちは美容オイルを使うとより乾燥肌が良くなります。

ただそうは言っても、使うオイルの量は1滴とかで十分。何滴もベタベタ塗っても過剰になり逆効果。あまり肌にオイルを塗りすぎると、重要なラメラ構造を乱すことになり、余計に乾燥してしまいます。

だから、大多数の何か既に基礎化粧品を使っている人なら、ほとんどの場合は美容オイルを追加する必要はなし。主に40代以降で皮脂分泌量がかなり少なくなり、基礎化粧品では若干足りないような人が使うのが一番ベストです。

美容オイルがダメな人は何をすれば乾燥肌が良くなるのか?

しかし、今のケアだと乾燥肌症状がひどいまま…美容オイルだダメなら何ができるの?

美容オイルが直接乾燥肌を治せないのは、皮脂(オイル)が肌の表面にしか乗らないからです。

乾燥肌というのは肌の水分量が少ないことを指しますが、ではその水分量はどこで確保されているかというと、角層の中です。つまり肌表面の裏側すぐ。

ここはセラミド、コレステロール、脂肪酸が混ざった、水と油が交互になった多重層である細胞間脂質があります。

乾燥肌の人はこの細胞間脂質が少ないのが原因。特にその中心となるセラミドが少ないため、肌水分量が低くなります。

乾燥肌改善はこのセラミドを増やすことが必要。しかしオイル保湿ではそれができません。

なので、セラミドを増やす保湿ケアをする必要があります。

オイルより断然いいセラミドの増やし方は?

ではセラミドはどうやったら角層に増やせるのか?

まずセラミドですが、これは毎日肌で作られています。毎日肌細胞が生まれ変わっているように、セラミドも毎日作られています。

ただ、角層からセラミドが流出して減ってしまうと、肌水分を十分維持できなくなります。

だったら肌で作られるセラミドの量を増やせばいいじゃないか…となるのですが、厄介なことに、セラミドは乾燥した肌ではあまり作られません。

なんと、水分を維持するセラミドは、十分水分が肌にないと作られないんです。なんだか矛盾した感じですがこれが真実。

水分自体は、血液から肌細胞に渡り、それが肌表面の角層へと伝わってきます。しかし、セラミドがないと貯水できないため、どんどん肌表面から蒸発していき、肌水分量が維持されません。

だからワセリン保湿すると乾燥肌が改善されるというのは、このためだったのです。水分蒸発を物理的にシャットアウトして、セラミドが多く作られる環境を維持できるからです。

ワセリンが効かなったのはなぜ?

でもワセリン保湿はあまり効果がなかったけど…?

しかし残念ながら、ワセリン保湿で乾燥肌が治ったという人はあまり多くありません。確実に効果はあるはずなのに、なぜかセラミドが増えない…

この原因は2種類考えられます。

  • 洗顔・クレンジングのやり過ぎ
  • そもそも肌細胞の生まれ変わり力が弱い

このどちらも当てはまる人も多く、こんな人はワセリン保湿しても全く変化がありません。

角層にある細胞間脂質は、水と油の多重層であるため、油分である皮脂と同じで洗顔成分で除去されます。

洗顔やクレンジングに時間をかけ過ぎたり、強力な洗浄力のものを使っている人は、作られるセラミド量と同等かそれより多くセラミドを減らしてしまうため、乾燥肌が改善されないわけです。

また、睡眠不足になると肌の調子が悪くなるように、生活習慣の乱れは肌細胞の生まれ変わりに非常に影響を与えます。

肌細胞の生まれ変わり(ターンオーバー)がうまくいかないのなら、同時にセラミドもあまり作られません。いくら肌の水分蒸発を防いでも、セラミド工場が休んでいては全く意味がないのです。

ワセリンでもダメだった人のセラミドの増やし方は?

じゃあ八方ふさがりな私は何をすればいいの?

美容オイルもダメ。ワセリンもダメ。

だったら何を試せばいいのか?

これは結構簡単な話で、角層にセラミドかセラミドと同じ働きをする成分を化粧品等で増やしてあげればいいだけです。

ワセリンの場合、あくまで肌の表面でフタをするだけです。そのため、角層の表面では水分維持ができますが、元々乾燥がひどい人は角層の奥まで乾いているため、肌全体で見るとあまり水分が行き渡っていない状態になります。

ワセリンで確かに表面的に水分維持ができていても、セラミドが多く作られる肌環境にはちょっと乏しく、やはり角層の奥までしっかりと水分で満たされている環境がベストです。

でも、セラミドなら元々角層にあるものなので、それを浸透させてあげれば、角層の隅々まで水分をキャッチして維持できます。こうなると、それだけで肌水分量が高まり乾燥肌症状も緩和されますし、セラミドがたくさん作られる環境も作れるという、まさしく一石二鳥のケアになるわけです。

セラミドって本当そんなにいい?他と結局同じじゃない?

本当にセラミド化粧品はいいの?結局他の保湿化粧品と同じじゃない?

乾燥肌で悩む人は、あれがいい、これがいいと聞かされて、これまで様々な保湿化粧品を試してきたでしょう。そして今美容オイルに行き着いた。

しかし、口コミの良さの割にイマイチという結果ばかりだったでしょう。それもそのはず。その口コミの大半は、使ってすぐの気分が高揚しているときのものばかり。本当の効果が分かる1ヶ月後、2ヶ月後の口コミがほとんどないため、どれもいいように書かれているだけです。

むしろ、本当にいい保湿化粧品ほど、案外と口コミ自体が見つからなかったりするものです。

そして、何より角層にセラミドを補うのは皮膚科学的に自然なことで、化粧品ブランドだけでなく、製薬会社が作る化粧品、保湿剤に選ばれるのもセラミドです。

そして敏感肌専門ブランドが選ぶのもセラミド。

つまり、肌のためを考えると必要なのはセラミドという結論なんです。だから乾燥肌に本当にいいと言えるわけです。

美容オイルなんて不要になるすごいセラミド化粧品

敏感肌の乾燥もシワもほうれい線も
ディセンシア アヤナス

敏感肌専門ブランドなのにエイジングケアが最高レベルでできるため、バカ売れしている保湿力の高いエイジングケア化粧品です。

デパートなどで販売していないので逆に美意識が高い女性が気づいていないブランド。過大な広告宣伝費をかけていないため、中身は非常に濃いものとなっています。

浸透のいいヒト型ナノセラミドをベースに、コラーゲン生成サポート、糖化による茶クマやくすみケアに対応。特許技術のバリア機能があるので肌が弱い人は使うだけで刺激レス。同成分でカバー力と仕上がりのいいBBクリームを使えば、日中も乾燥知らずでエイジングケアに。アヤナスBBクリームはこちら

日本で発明された医薬部外品成分
勇心酒造 ライースリペア

お酒づくりの知識から生まれた、国産米由来のスーパー成分がライスパワーエキスです。

そのライスパワーエキスの発明メーカーが送り出すエイジングケア化粧品。セラミドを直接含まず、肌の中でセラミドを増やす作用を発揮。そのため非常にあっさりとしたつけ心地でオイリー肌、超乾燥肌を問いません。

肌本来の能力を大幅に助けるため、乾燥はもちろん忘れていたあの頃の肌が蘇ります。さらに赤ちゃんでもアトピー経験のある人にも使える全身対応のアトピスマイルもTVで紹介され話題です。アトピスマイルクリームはこちら

世界レベルのエイジングケアが超コスパで
ビーグレン デイープラインケア

資生堂やKOSEのそれよりも優れているとされるリポソーム技術を全面採用したドクターズコスメ。

成分が他化粧品と全く違い、刺激を避けるために効果を下げる誘導体採用が当たり前の中、ビーグレンはビタミンC、レチノール、ハイドロキノン、といった有効な成分を純粋な状態で配合。それなのにリポソーム技術で刺激性をクリアしている点が一線を画しています。

今回は特に人気の対シワトライアルセットを紹介。美容外科で処方される美容液よりも使いやすく、かつ超コスパ。365日の返品保証もあり試さないのは損とも言えるほどです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る