オイル保湿の順番~どのタイミングで塗るべきか?

美容オイルで保湿ケアする場合、一応順番があります。

オイルの種類によっては非常に重要で、間違えると余計に肌が乾燥する可能性があります。

オイルを塗る順番は洗顔後すぐ?

洗顔後すぐ?

オイル保湿をしようとしている人は、基礎化粧品を何点も使わないシンプルなスキンケアをしようとしているはず。

そうじゃないと塗り過ぎになりますからね。

なので洗顔後にオイルを塗るという人がいると思いますが、これは基本的に間違いです。

確かに洗顔後のクリア肌は皮脂不足状態。だからそれを補う意味では正解なのですが、オイル種類によってはマイナスなんです。

洗顔直後の素肌にオイル保湿が良くない理由

なぜ洗顔後はダメ?

洗顔後の肌はかなりスッキリした状態。一番素肌がダイレクトに影響を受ける状態です。

皮脂膜がないため、角質層の細胞間脂質が流れ出やすい状態です。

ここにオイル保湿をすると、塗ったオイルの性質が細胞間脂質に影響します。

ミネラルオイル(鉱物油)のオイルだと、他のオイルを引き寄せる力が強いため、セラミドなどの脂質を外に引き連れてしまいます。

もちろん少量塗るだけで露骨な影響はないのですが、乾燥肌で困っている人だとわずかな影響でも乾燥が悪化する恐れがあります。

しかもオイルを塗ると外部刺激、空気の湿度差を感じなくなるためオイルの悪影響に気づきません。実は乾燥肌にマイナスになっているケアを続けてしまうリスクがあります。

シンプルケアのベストなオイル保湿順番

どのタイミングがベスト?

洗顔後、化粧水を付けてからのオイル保湿。というのがベストです。できればセラミド系が理想。

もしくは洗顔後に使う先行美容液でも構いません。要は素肌にとってプラスになるものを付けてから、仕上げにオイルを塗りましょうというわけ。

よくオイルの被膜が肌に残るイメージ図がありますが、実際には化粧水などと混じって乳化します。皮脂も普段、汗などと混じって入荷して天然のクリームになっているのです。

クリームなどを塗ってからのオイル保湿は無駄です。クリームに多くの油が入っているため、そこからさらに追い油は多すぎます。

化粧品に使われるオイルは酸化しにくいので心配はありませんが、多すぎると変性しやすくなります。

やはり洗顔後に化粧水等をつけて、それからオイル1~3滴で仕上げる。これが最も効果的で肌を綺麗にするオイル保湿方法です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
  1. トップページ
  2. オイル保湿の順番~どのタイミングで塗るべきか?